Lesson01 ハッピー...

Lesson01 ハッピーマップ

1980
0
シェア

アルゴリズムの基礎を学ぼう:ハッピーマップ

最近の生活環境の周りを見てみると、手元にあるスマートフォンやゲーム機を始め、インターネット 、 家電製品、交通機関のチケット購入など、コンピュータープログラムで実現されたものばっかりです。 それは、現代の生活が「プログラム」と切っても切れない密接な関係にあるからです

何かプログラムと言うと難しくて複雑に聞こえるかもしれないけど、コンピューターで何らかの処理をさせる命令手順をまとめたものだと考えて下さい。

初レッスンでは、そんなコンピューターサイエンスの基本であるアルゴリズムについて学びます。

GOAL

  1.  マップの中でキャラクターを動かすステップをまとめる。
  2.  方位を使って決めたゴールまでキャラクターを動かす。
  3.  渡されたステップでキャラクターがどこに止まるか予測する。

用意するもの

  1. ワークシート1:ハッピマップアルゴリズムワークシートをダウンロード
  2. ワークシート2:アルゴリズム応用ワークシートをダウンロード。
  3. はさみ、のり

始める前に

  1. 子どもに方位(東、西、南、北)について聞いてみる。
    もし、子どもが同時に答えすると、一回に1つの命令を出すようにする。
  2. スマイルフェイスを描く方法について聞いてみる。
    紙又は黒板に、ステップ(Step-by-Step)ずつ描くようにする。
  3. アルゴリズムは様々な問題を解決する指示/命令を順にリストする事を言う。
  4. 迷路でシングルステップとダブルステップのアルゴリズムを見つけるようにする。

アクティビティ

  1. スタートからゴールまでキャラクターこねこちゃんが動く最短経路を見つける。
  2. 新しい単語アルゴリズム\を強調してルールを説明する。

Let`s Start

  1. 矢印を切ってください
  2. こねこちゃんがリンゴを探すためにワークシートのマップ1から始めましょう。子どもアルゴリズム
  3. こねこちゃんが進む方向の矢印をマップ上においてください。
  4. もし、グループで方向が一致しなければ話し合って一つにまとめましょう。
  5. 全メンバが同義すれば、答えを先生とシェアしましょう。
  6. 答えが正解であれば、次に進みましょう。

何を習いましたか?

  1. 実際こねこちゃんは何をしているのかな?
  2. ロボット制御とは何かな?
  3. コンピュータに何をするべきか話すことがとても簡単であるならば、あなたは何をつくるでしょうか?

応用

    学習を強化するために、これらの活動を行てください。

  1. アルゴリズム応用ワークシートを渡して、生徒一人でもできるかどうか確認する。
  2. 生徒に1ステップずつ問題を解決するようにしましょう。そうすると、知らないうちにアルゴリズムは作られて残りの冒険がもっと簡単になるのを教えます。
    アルゴリズムはどこで見つけられるかな?

  1. 新しく買ってもらったロボット:私たちは、ロボットを作る説明書でアルゴリズムを見つけます。
  2. ママと楽しいクッキー作り:レシピには、クッキーを作る順番が順々に書いています。
  3. パパと公園の出がけ:公園の場所を知らないパパは、マップを見ながら一歩ずつ進めます。