Lesson12 レッツダ...

Lesson12 レッツダンス!

1899
0
シェア

ループを学ぼう:レッツダンス

ループは、特定の繰り返し行動を記述する便利な方法です。今回のレッスンでは、一連の行動をシングルループに変える練習をします。

GOAL

  1.  インスタラクターによって始められた行動を繰り返す。
  2.  紙プログラムからライヴのダンスに変換する。
  3.   多様な行動をシングルループに変換する。

用意するもの

  1. ワークシート1:ループを学ぼう
  2. 筆記用具

始める前に

  1. 子どもを席から立つようにする。
    ・ テーブル、椅子又は友だちの周囲を回るように指示を出す。
    ・ 回るのが終わったら、前回使った同じ言葉でまた回るようにする。
    ・ 終わったら、もう一回指示を出す。
  2. 毎回頼むより回り始める時4回テーブルを回るように頼んだ方がより簡単でしたか?
    もし、10回頼むのであれば?
  3. もし、同じ行動を何回繰り返すと、それをループと呼びます。
  4. 特定の行動を行う回数を前もって知っていると、「その回数を繰り返してください。」と頼んだ方が我々双方により容易です。
  5. ループ行動が出来る他の事は?

アクティビティ

    今日は、ダンスパーティー
    あなたが同じ行動を繰り返して行う時、始める前から何回実施すべきか知っていると役に立ちます。
    例えば、ママがあなたから好きな歌を何回も聞きたい時、ママは「歌を歌って、歌って、歌って、歌って。」と言わなく「同じ歌を4回歌ってくれない?」と言うはずです。

Let’s Start

  1. Loopyワークシートにある、ダンスの動きをよく見てください。
  2. 子どもに全速力でダンスの動きをすべて見せて下さい。
  3. 子どもと共に、同時にゆっくりダンスを踊りましょう。
  4. この活動でループ(繰り返し実行される行動)を見つけました?
    2回主要部を反復すれば、ダンスは何のように見えるでしょうか?
    もし、4回主要部を反復すれば、どう見えまるか?
  5. 他にループを使用することができることがありますか?

応用

    学習を強化するために、これらの活動を使ってください。

動こう

  • 子どもができるアクションの絵又はダンスビデオを見せます。
    ダンスの動きを整理して踊りをループかする。
  • 友だちとダンスを共有する。
    1. 踊ろう

    2. 反復できる大衆的なダンスのYouTubeを探して下さい。
    3. ダンスからループを探して下さい。
    4. 歌と一緒に踊ろう。

    新しい単語

      ループ
    *https://code.org/curriculum/course1/12/Teacher(code.orgをもとにして記載されています。)