Lesson16 ゲームを...

Lesson16 ゲームを作ろう

1536
0
シェア
course1lesson15_event_05

創造力を学ぼう:ゲームを作ろう

子どもは、アニメストーリーを作るために今まで習ったコーディング技術の全てを適用する機会を持つようになりました。 Play Labで 創造的な物語をつくる時間です!

GOAL

  1.  イベントと関連したアクションを理解する。
  2.  イシーケンス、ループとイベントハンドラを使用して相互作用する物語を作る。
  3.  連続したイベントを論理的順序で整理する。

始める前に

  1. ボタンクリックイベントは何をするようにプログラムしましたか?
  2. 今回は、二つのキャラクターが接触した時のイベントをコーディングに加えます。
    • ・ゲームプログラミングでは、このようなイベントを衝突検出と呼んでいる。タッチ又は接した時、何をするか決める。
    • ・ゲームで見た衝突イベントは何がある?
  3. 手を挙げた子供を選んで、答えを聞く。
  4. 答えが終わると、 私はどうやってあなたが応えたいというのを分かったかを聞いて見る。
    • 手を挙げたからだと答えると思う。
  5. 手を上げるのは、答えたいということを知らせる「イベント」であると説明してください。

アクティビティ

何を習いましたか?

    種を植え終わったら質問する。

  1. 種を植える時、どのくらいの多様なアルゴリズムを利用しましたか?
  2. アルゴリズムで漏らしたステップはありませんか?
  3. アルゴリズムをさらに良くするために、何を加えたでしょうか?
  4. アルゴリズムが、わずか一つのステップしかなかったら、どうですか?優しい?難しい?
  5. もし、40ステップのアルゴリズムがあったらどうですか?

新しい単語

    イベント
*https://code.org/curriculum/course1/16/Teacher(code.orgをもとにして記載されています。)