MIT-Google、次世...

MIT-Google、次世代のスクラッチブロックを公開

931
0
シェア
Googleと共同開発した、スクラッチブロック

MITのスクラッチチームは、スクラッチブロック(Scratch Bolcks)と言う、次世代プロブラミング開発のためにGoogle社と協力していると発表しました。

今回のスクラッチブロックの開発によって、開発者は全世界の子供のために優秀なプログラミング環境を作ることができると説明しました。

スクラッチは2007年MIT メディアラボの発表以来、全世界の子供にゲーム、アニメーション、お話づくりなどを製作することができるオンラインコミュニティーの環境を提供してきました。現在は、モバイル端末に合わせた新しいバージョンのスクラッチを開発中だそうです。

今回、Googleでオープンソース開発者向けに公開されたスクラッチブロックは、GoogleのBlocklyという技術を基盤にしてスクラッチチームのインタフェースを活用しました。又、ブルートゥースを利用してLEGO WeDO 2.0 も制御できます。

開発者はゲームの「ブロック」(またはコード)を作成して、スクラッチブロックを通じて開発者同士で共有することができるし、開発者はこれらのブロックを、子供向けのアプリやゲーム、玩具に容易に統合するなど広い範囲で使えるようになります。

Googleのスクラッチブロックを支援するBlockly技術を改善しながら、良い環境を支援するようにAndroidBlocklyバージョンのソースを公開しました。今年の下半期には、IOSバージョン公開される予定であり、今後の開発が楽しみです。

スクラッチブロック
スクラッチで ArtsyGalが製作した Dance Party 3.0 プロジェクト

もっと、詳しい内容は、

MIT : https://medium.com/mit-media-lab/scratch-google-next-generation-of-programming-blocks-for-kids-5f377ec9ff0#.nvp3zthei

Google: https://developers.googleblog.com/2016/05/scratch-and-google-introduce-scratch-blocks.html

で確認できます。


Warning: Parameter 1 to fusion_query_offset() expected to be a reference, value given in /home/mayowasu/www/watashimo/wp-includes/plugin.php on line 601