Osmo Coding :...

Osmo Coding : Legoのようにブロックを組み合わせで学ぶプログラミング

581
0
シェア
LegoのようなブロックプログラミングOsmo

Legoのようなプログラミング

インターネットと IT 技術が発展することによって、 PCやスマートフォンなどコンピューターは日常生活の一部になりました。こんなトレンドに従って教育カリキュラムにもプログラミング授業を統合しようとする動きが増えています。

実際に子供達は英語学習より結果が目に見えるプログラミング授業にもっと意慾的だと言われています。

ただし、プログラミングが知らない文字が書いてある難しい物だと考えると始めるのに勇気が必要だと考えられます。

ブロックでプログラミングを学ぶ子供

Osmo Codingはそんな子供達が楽しくプログラミング勉強をすることができるように勇気と面白さを提供する製品です。 レゴのようにブロックを組み合わせるだけでプログラミング基礎を学ぶことができる優れた製品です。

プログラミング学習はプログラミング技術の取得と共に、論理的思考と問題解決能力を育てるのに役に立つと言われています。高い論理的思考と問題解決能力は、現代社会で成功するための重要な手段になることは間違いありません。

Osmo Codingは、プログラミング学習が易しくできるように助けるiPad専用ゲームです。ユーザーは、「 歩く、ジャンプ、道具を使う」のようなブロックを組み合わせて、キャラクターのAwbie操作しながら、冒険を手伝います。

ブロックには歩くとジャンプのような動作が書かれています。 方向は矢印で決めることができます。 この動作ブロックに数字ブロックを組み合わせてキャラクターが何回動作するか調整することができます。 ブロックを完成すればキャラクターが動き始める。

Legoのようなブロック系プログラミング

Osmo CodingはiPadと連動するシリーズの一つで、 これを利用しようとすれば専用ベースと鏡が必要です。 鏡はiPadカメラ部分に装着します。 Osmo Codingにあるブロックは無線通信機能がないからこの鏡を利用してカメラで文字やブロックを読み込んで反映します。

Osmo Coding